パリミラノコレクションから考える2013S/Sのファッショントレンド

No related posts.

このエントリーをはてなブックマークに追加

■ジャングル、海、メタル、スポーツ、ミリタリー、コンセプチャルな伝統とモダンのハイブリット■

 

 

 

パリミラノコレクション2013S/Sの全日程が終了しました。
前シーズンでは、フィールジャケット、構築的なジャケット、スーツ、オーバーコートという男らしさをストレートに出したものが多かった印象でしたが、2013AS/Sではスポーティー、ミリタリー、フェミニン、キラキラに。女性目線のメンズコレクションでもあるし、女性的なメンズコレクションでもある。 解釈は2012-2013A/Wよりも難しい。

そこで、ランバンのルカオッセンドライバーの2013S/Sの言葉を借りるのが一番はやいと思いました。即ち・・・、

 

“We try to think of the collection as a whole and how to answer to different needs. What we try to do is to find a balance between tradition and modernity: on the one hand you have the traditional fabrics and tailoring methods, and on the other you have very high tech sportswear.”

“We tried not to be more democratic with the collection as you can see loose and fitted, tradition and sports,” Ossendrijver said. “ We have to be more generous in our offering and not less.”

 

「メンズウェアの複雑化した異なるニーズに答えるコレクションに挑む。伝統とモダニティのバランスに挑む。伝統的な生地、伝統的なテーラリングの部分、もう一方は、ハイテクなスポーツウェアである。とはいえ、我々は、分かりやすいルーズフィットだったりトラディッショナルとスポーツを提案しないように努めた。もっと提案の幅の広さに寛大にならなければならない。」

つまりコンセプチャルになるわけです。抽象的になるということです。デザイナーのフィルターを通るので、分類しにくいものがあります。リックオウエンスやジバンシィは、それぞれ宗教観というものが色濃く出ている。ラフシモンズは、ジルサンダー時代のものを取り入れた。ドルガバは、自分のルーツをコレクションに反映。個々の特徴をトレンドとして出すのは無理だけど、なんとかまとめてみるところが本ブログの無謀な挑戦なのです(笑)。

【クロスジェンダー フェミニン ゲイ文化】

 

性別に対して、再びクロスすることにフィーチャーしている部分があります。ウミットベナンは、男性の服が好きな女性の洋服を借りた男性をイメージ。これは「モテ」という意味で女性目線が入っていますが、ミュグレーのハイストッキング、リックオウエンスのスカートは、マドンナのような女性がタキシードを着て様になるんだから、男性がストッキングやスカートを履いて何が悪いという考え。

フェミニンという点では、ドリスヴァンノッテンのレースに、ラフシモンズのシースといったウィメンズの要素を入れているコレクションが見れます。こちらは女性的。

ほかに海外で指摘されている点。ゲイカルチャーを意識したと言われているというコレクションもありました。男性ストリッパーを題材にした映画「マジックマイク」ようなファッションも。ヴェルサーチあたりは、そのイメージが強いとのこと。まさに、ポロリがなくてよかったね、と。

 

 

【複雑化したスーツ ショーツの本格的な到来】

 

スーツは、基本的に構築的でガッチリしたものではなく、軽く丈は長めに。カットアウト、ノースリーブ、ロングジャケットもありました。
ほかのアウターとして、ボリューム感のあるスィングトップ、パーカ、ショーツ、G9。また、サファリジャケット、ジャンプスーツ、MA-1などミリタリーアウターがありました。
バブアーのようなフィールドジャケットは少し減りましたね。素材・生地についても、カルバンクライン、kolor、ヨウジヤマモト、ランバンなど、実験されているブランドがあります。ナイロンとレザーの合わせ技はランバン。
デザインについては様々なパターン、パステルカラー、メタリックなど、ストレートに出してくるものは少なかった印象。また、スーツにサンダル、スニーカーは当然のように各ブランドがあわせてきました。

 

このパステルカラーは、経済不況でお先真っ暗なニュースもある今日を、少しでも明るく元気に行こう!という表れを意味していると海外メディアでは説明されています。2013S/Sのトレンドカラーである「メタル」が、輝きまくっていますよね。聖闘士星矢ルックもOKな時代に(笑)。

 

さて、スーツスタイルにショーツ。トム・ブラウンが出てきた時にも話題になりましたが、30代でもそれ着れんの?というそもそもの疑問がヤフーニュースで取り上げられています。それを言ってしまうと、モードの存在意義が・・・となってしまうので、あくまで提案として考えていきたいです。

 

ショーツと合わせるのは、黒のソックスにサンダルと革靴という2012S/Sのドリスヴァンノッテンの流れが続いています。
ロングであればハイウェストでワイドパンツが目立ちます。スカートもありましたが、以前のシーズンよりも少なめです。時代的には60年代から70年代のファッションや文化からインスパイアされたものが多かった。

 

 

【ジャングル探検に海とアドベンチャーの演出光る2013S/S】

 

最近多かったアウトドアにも少し変化があります。ただのアウトドアスタイルではないこと。ジャングルの探検をイメージしてコレクションを行ったKENZO、海事をイメージしてコレクションを行ったルイヴィトン、自転車ルックを紙を通して表現したイッセイミヤケ。どちらも冒険心を煽る内容で話題に。 ちなみに、ジョンガリアーノではロブスターと珊瑚礁のフィギアをそのまま装着。トム・ブラウンも、スーツにクジラやロブスターを描きました。

それを支えるバッグは特大の2wayトート。ショルダーとしても使えるものが多い。

足元は、サンダルやモカシン、スニーカーなど様々ですが、各ブランドオリジナリティーがあって自由な感じですね。靴に関しては、トム・ブラウンのメタルウィングチップ、それからポールスミス×ジョンロブの靴が話題になりそうです。プラダ発の厚底ラウンドトゥシューズは、変化の兆し。ジルサンダーは、スクエアトゥのシューズを披露。

簡単に、あげていくと以上のような感じ。これをまとめて恒例の2013S/Sのトレンドをあげていきます。

Fashionistaと、The Cutも参考にさせて頂きました。

 

 

 

1】パステルカラー

グッチ20131111フェラガモ20131111

Gucci Spring 2013            Salvatore Ferragamo Spring 2013 

 

 

2】ギンギラメタリック

ランバン2013111バーバリープローサム2013111

Lanvin Spring 2013                        Burberry Prorsum Spring 2013

 

 

3】アドベンチャー:ジャングルと海

KENZO20131212ルイヴィトン201312

Kenzo Spring 2013               Louis Vuitton Spring 2013

 

 

 

3】ジャンプスーツ

ランバン2013111202-mens-trends-pierre-cardin-133

Lanvin Spring 2013                          Pierre Cardin 2013

 

 

 

4】インナーライクなアウター、アウターライクなインナー

ヨウジヤマモト201311111GIVENCHY2013121212

Yohji Yamamoto Spring 2013         Givenchy Spring 2013 

 

 

5】柄:カモフラ柄 グラフィック ジオメトリック

COMME des GARCONS20131212GIVENCHY20131212

COMME des GARCONS            GIVENCHY

 

 

6】スーツにショーツ

ラフシモンズ20131212ニールバレット2013111

Raf Simons Spring 2013             Neil Barrett Spring 2013 
7】クロスジェンダー

リックオウエンス201312 00480m

Rick Owens Spring 2013              Prada Spring 2013

 

 

8】ショーツ×ブラックソックス×サンダル or 脱ラウンドトゥ

ジルサンダー201311 ミュグレー201312

Jil Sander Spring 2013            Mugler Spring 2013

 

 

10】側章 or ライン

プラダ2013111 Andrea Pompilio201311

Prada Spring 2013                Andrea Pompilio Spring 2013

 

 

 

12】すっ飛んだハット

ジョンガリアーノ201311ウォルター・ヴァン・ベイレンドンク2013111

John Galliano Spring 2013           Walter Van Beirendonck Spring 2013 
13】フェミニン: レース シース

ドリスヴァンノッテン20131212ラフシモンズ201312

DRIES VAN NOTEN                RAF SIMONS

 

 

14】スポーツ or ミリタリー

イッセイミヤケ2013111バーバリープローサム20131212

Issey Miyake Spring 2013             Burberry Prorsum

 

 

この辺にしておきます。
最後に、恒例のマイフェイバリットコレクションです。今回の2013S/Sでは・・・ウミットベナン!なんという時代錯誤なシルエット。だが、それがいい。男らしさと艶っぽさが・・・。次点で、KENZO、ドリスヴァンノッテン、コスチュームナショナルオムが面白かったです。

ウミットベナン20111

Umit Benan Spring 2013

【関連】
パリミラノコレクション2012-2013A/Wからみるファッショントレンド
メンズファッションブランドのイメージ分析のためのアンケートご協力のお願い

No related posts.

Subscribe to RSS via Email:

Subscribe with Brand Fashion Communication and get updates frequently in your inbox

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

メゾンマルタンマルジェラのジャケットとシューズ

メゾンマルタンマルジェラのジャケットとシューズ

ニューバランス576BCL

ニューバランス576BCL

1205のハリスツイードジャケット

1205のハリスツイードジャケット

1205のスイスコットンシャツ

1205のスイスコットンシャツ

Shopping