スニーカー史上最も影響力のある50人

No related posts.

このエントリーをはてなブックマークに追加

■音楽、スポーツ、有名人、流通戦略、SNSの影響が強い■

スニーカーの情報サイトとして有名なComplexが、スニーカーの歴史で最も影響力のある50人を紹介しています。リストに出した基準は、スニーカーを日頃履くものとして根付かせた人、それからカルト的なものにした人、となっています。個人的な勉強もかねて、一部補足しつつ書いてみました。ランキング形式とは書いていませんが、たぶんベスト50といって良いと思います。
音楽(ヒップホップ)、スポーツ(バスケ、野球、テニス)、有名人、流通(eBay)、SNS(ブロガー)にわかれているのが分かります。

 

 

1. Michael Jordan
影響力のあった時代:1984-
職業:世界一のバスケットプレーヤー。もし、エアジョーダンをデザインしたナイキのティンカー・ハットフィールドがスニーカー界のレオナルド・ダ・ヴィンチなら、マイケル・ジョーダンは神である。物理的な限界を超越したジャンプは、スーパーヒーローそのもの。スーパーマンのマントとバットマンの多機能ベルトがあるなら、マイケル・ジョーダンにはシューズがある。

2. Tinker Hatfield
影響力のあった時代:1985-
職業:世界で最も素晴らしいスニーカーデザイナー。Apple製品のデザイナーがJony Iveなら、NikeにはTinkerがいる。そのくらい影響力のあるデザイナー。ティンカー・ハットフィールドは、24年間ナイキのクリエイティブ部門のトップを勤め、エアジョーダンによってその名は不動のものに。以前、行われた投票で最も人気が高いシューズに選ばれたAJ IIIの誕生と共に、プリンシパル・デザイナーとなった。

3. Kevin Ma
影響力のあった時代:2005-
職業:Hypebeastの創業者、ストリートファッションブログのパイオニア。スニーカーフリークだったKevin Maが始めたスニーカーのブログが、今日世界で最も影響力のあるストリートファッションのブログに。香港をベースに、アメリカにもオフィスを持つHypebeastは、常にストリートファッションの新しい情報を提供する。

4. Hiroshi Fujiwara
影響力のあった時代:1988-
職業:ストリートウェアのゴッドファーザー、スタイリスト、ミュージシャン。藤原ヒロシは、DJ、ヒップホップカルチャーを日本のストリートに拡げた存在。同時に、アイコニックスタイリスト。裏原系の伝道師。 Supreme, Nike, Levi’s, Oakley, Kangol, Burton, Visvim, Stussy, Fragment, W-Taps, Neighborhood, Sophなど、彼のフィルターを通って東京で拡大した。

5. Phil Knight
影響力のあった時代:1964-
職業:ナイキの創業者。ナイキの会長だけど何か質問ある?

6. Kanye West
影響力のあった時代:2000-
職業:ラッパー、プロデューサー、デザイナー。リアルライフインフルエンサーとして、彼の好むものが人気になるほど有名。ナイキのスニーカーにルイヴィトンを合わせるスタイルに影響された人は多い。

 

7. Eddie Cruz and James Bond
影響力のあった時代:2002-
職業:スニーカーショップUNDFTDの創業者、エディー・クルーズとジェームス・ボンド。9.11から絶対負けないという思いを込めて、「UNDEFEATED=俺たちは絶対に負けない、いかなる脅威にも屈しない」という強いメッセージを名前に入れた。LAにオープンして、日本でも上陸する。

 

8. NIGO
影響力のあった時代:1993-
職業:アベイシングエイプのデザイナー。裏原系のパイオニア。NIGOは、ベイプのロゴを多用する方法で、多くの独立したフットウェアのブランドのためのドアを開いた存在でもあります。

 

9. Mark Parker
影響力のあった時代:1979-
職業:ナイキの社長、デザイナー。ナイキの売上を、1.6兆円規模に育てた人物。別次元はナイキとAppleだけ。

 

10. Run DMC 
影響力のあった時代:1981-
職業:ヒップホップのパイオニア。ジェイソン・ミゼル、ジョセフ・シモンズ、ダリル・マクダニエルズの3人。ロック殿堂入りを果たしている。1980年代初期からオレンジ・クラッシュとして活動し、1982年Run-D.M.C.に改名。1985年、アディダスのスニーカーに捧げた曲「マイ・アディダス」は、世界中でアディダスのブームが巻き起こるきっかけに。

11. Spike Lee
影響力のあった時代:1985-
職業:俳優、映画監督、作家、プロデューサー、大学教諭。音楽とスニーカーのつながりを映像の中で表現した人物。スニーカーが、いかにライフスタイルと関わりが強いかを伝える。NIKE AIR OASIS LE SPIKE LEE PACKといったスニーカーも販売。

12. James Jebbia 
影響力のあった時代:1994-
職業:シュプリームの創設者。スニーカーを中心としたコラボレーションの数は多数。ストリートカルチャーとして世界に影響力を持つ。

13. Bo Jackson
影響力のあった時代:1986-
職業:野球選手、アメフト選手。NFL、MLB両方出場を果たした珍しいアスリート。NIKE AIR TRAINER SC 2 BO JACKSONというコラボスニーカーも登場。当時、ナイキのCMにも登場してアスリートの強さの象徴としてインパクトがあった。

14. Bobbito Garcia
影響力のあった時代:1980-
職業:バスケットプレーヤー、DJ、コラムニスト、映画監督。マルチな才能を持ち、多くの業界で影響力を持つ。スニーカーコレクターだった彼は、91年書いた「スニーカー中毒の告白」がきっかけで、スニーカー業界において名前が拡がる。NIKE AIR FORCE 1 HIGH PREMIUM BOBBITO GARCIAなど、コラボレーションも人気に。

 

15. Chuck Taylor 
影響力のあった時代:1921-1968
職業:バスケットプレーヤー
スニーカーのモデルにアスリートの名前がそのまま使われた最初の例。チャックテイラーは、バスケットプレーヤーとして入団後、コンバースのキャンバスオールスターを選ぶ。当時のキャンバスオールスターの機能、耐久性を評価。選手でありながら、コンバースの契約営業マンにもなっていた。

 
16. John Jay
影響力のあった時代:1982-
職業:Wieden & Kennedy、80-90年代のナイキの広告、マーケティングコンサルタント。“Become Legendary”, “Just Do It”, “There Is No Finish Line”といったキャッチフレーズは、彼がつくった。あまり知られた存在ではないが、ナイキにカルト的なロイヤリティがあるとしたら、そのつながりをつくったのは彼だ。

 

17. Biz Markie
影響力のあった時代:1986-
職業:ヒップホップアーティスト。Jay-Zと同じく、音楽とスニーカーをつなげた人物。本人もスニーカーフリーク。プロケッズとコラボをしているBIZ 69ER LO LTHR は、300万足売れたと言われている。

 

18. Damany Weir
影響力のあった時代:1998-
職業:Flight Clubの創業者:LA,NYにあるスニーカー専用ストア。eBayや、リサイクルショップとしての機能を早くから導入して巨万の富を得る。多くのスニーカーがあるものの、チョイスがマニア好み。

 

19. eBay Resellers
影響力のあった時代:1995-
スニーカーコレクター達にとって、可能性が劇的に広がったのがeBay。
人物ではないものの、レアなスニーカーを欲しがる人達にとって強い存在となった。

 

20. Jon Warren
影響力のあった時代:2002-
職業:VANSのヘッドデザイナー、スケーター。VANSのブランド力をあげた人物。

 
21. Kihachiro Onitsuka
影響力のあった時代:1949-2007
職業:アシックスの創業者。後に生まれる鬼塚式バスケットシューズがオニツカタイガーのもととなる。鬼塚喜八郎は、屋内で履ける機能性に富んだスニーカーを開発。多くの人が、もしアシックスが世になければナイキはなかった、とまで言わしめた。

 

22. Andre Agassi
影響力のあった時代:1986-2006
職業:テニスプレーヤー。ウィンブルドンでのファッションが話題になる。ピンク×ライムグリーンのナイキのスニーカーは、当時では斬新。

23. Bill Bowerman
影響力のあった時代:1964-1999
職業:ナイキの創設者グループの1人、初代デザイナー。ナイキをスニーカーのトップブランドにした人物。スニーカーの機能性を研究開発して製品化。専ら研究家寄りの人で、社交性に関しては不明。そのせいか、偉大な功績を残したにも関わらずフィーチャーされにくい。

 
24. Marcus Tayui
影響力のあった時代:1998-
職業:ナイキジャパンのプロダクトマネージャー。ナイキエスビーをスタートさせた人物。

 

 
25. Adi and Rudi Dassler
影響力のあった時代:1924-
職業:言わずと知れたアディダスとプーマの創業者であり兄弟。後から喧嘩別れをして、それぞれの道を歩むが、今もなおアディダスとプーマはスニーカーの世界でトップクラスに君臨している。

26.Futura and Stash
影響力のあった時代:2003-
職業:ブランドコラボレーター。STASH、FUTURAとナイキのコラボで有名に。ナイキエアフォースワン、エアマックスは、希少価値の高いプレ値で取引されるほど。普通のスニーカーを高級シューズに昇華させた。

 

27. Simon Wood
影響力のあった時代:2002-
職業:Sneaker Freakerの創設者、エディター。スニーカーのデジタルソーシャルメディアの草分け的存在。

 

28. Jay-Z
影響力のあった時代:1996-
職業:ラッパーでありビジネスマン。スニーカーではリーボックなどで独自のコレクションを発表している。

29. Hommyo Hidefumi
影響力のあった時代:2000-
職業: atmosとスニーカー通販chapterの創業者。本明秀文氏自身は、黒と茶だけの革靴と違い、カラフルなスニーカーを展開。飾っても面白く、楽に履けて、走ることもできるいいとこ取りを追求。機能性とデザイン性のバランスに秀でている。

 

 
30. Paul Mittleman
影響力のあった時代:1992-
職業:ステューシー、アディダスオリジナルスのクリエイティブディレクター。ナイキ、ティンバーランド、ヴァンズとのコラボレーションを成功させてきたストリートファッションのプロフェッショナル。

 

31. Yoichiro Kitadate
影響力のあった時代:1995-
職業:スポーツジャーナリスト、NBA、スポーツギア、ストリートファッションを中心に執筆、編集。北舘洋一郎氏は、「diffeducation」「grasscoats」を代官山のT6Mで展開。90年代のストリートカルチャーにも精通。

32. Alife
影響力のあった時代:2002-
職業:インディペンデントなブランドを展開するグループ。シューズのサイドにロゴを付ける様なことはしないというスタンスで話題に。

 

33. Charles Barkley
影響力のあった時代:1984-
職業:バスケットプレーヤー。ナイキエアフォースを愛用した選手。ナイキは、1992年のバルセロナオリンピックでチャールズ・バークレーが着用したNIKE AIR FORCE 180 -OLYMPIC-を復刻。現役時代履いていたNIKE AIR MAX2 CB ’94なども高い人気を誇る。

 

34. John McEnroe
影響力のあった時代:1977-1992
職業:テニスプレーヤー。悪童とも言われたジョン・マッケンローは、テニスの試合でテニスシューズを履かず、クロストレーナーを履いていたことから話題に。1986年にはナイキテニスよりジョン・マッケンローのシグネイチャーシューズが登場。

35. Edison Chen
影響力のあった時代:2000-
職業:俳優、ミュージシャン、ストリートファッションブランド「CLOT」のディレクター。

36. Jesse Levya
影響力のあった時代:1996-
職業:ナイキのデザイナー
ナイキの製品開発において、彼ほどエネルギーを持っている人物もいない。

 

37. Kazuki Kuraishi
影響力のあった時代:2003-
職業:カシュカ、アディダスオリジナルスのデザイナー、ストリートウェアアイコン。倉石一樹氏は、元ナンバーナインの宮下貴裕氏ともコラボ。ストリートカルチャーにも影響力がある。

 

38. Julius Erving
影響力のあった時代:1971-1987
職業:バスケットプレーヤーにしてスラムダンクのイノベーター。コンバースのオールスターを拡げた。

 

39. Paul Fireman
影響力のあった時代:1979-
職業:リーボックアメリカの創業者。それだけでなくリーボックをファッションとしてアメリカに拡げた人物。

 

40. Ronnie Fieg
影響力のあった時代:1998-
職業:David Zの元バイヤー。その後、起業しデザイナーに。バイヤー時代の経験を生かし、ストリートファッションにおけるスニーカー文化を進めた。多くの大企業とコラボレーションをしている。

 

41. DJ Clark Kent
影響力のあった時代:1985-
職業:DJ、デザイナー、スニーカー鑑定人 。エアフォースワンの親善大使。

 

42. Fraser Cooke
影響力のあった時代:1989-
職業:DJ、ヘアドレッサー、ナイキを拡げた功労者。Nike Global Energy Leader。

 

43. Andy Friedman
影響力のあった時代:2000-
職業:ティンバーランドの伝道師。

 

44. Hiroki Nakamura
影響力のあった時代:2002-
職業:VISVIMの創設者、デザイナー。中村ヒロキは、ストリートファッションからの流れを踏襲しつつ、完璧なクラフツマンシップのあるプロダクトには10万円以上出すことを惜しまない若者もいることを証明した。

 

45. Yu-Ming Wu
影響力のあった時代:2003-
職業:Freshnessmag.com運営者、スニーカーコレクター。世界のスニーカーブログのパイオニア。特にストリートカルチャーとの関わりあいが強い。

46. Sarah Lerfel
影響力のあった時代:1997-
職業:coletteのクリエイティブディレクター。スニーカーをファッション、音楽、テクノロジーの間で拡げた。メトロブティックの先駆者。

47. Michael Chang 
影響力のあった時代:1989-2003
職業:テニスプレーヤー。アジアを代表するテニスプレーヤーとして有名。リーボックポンプを履いて優勝したことから話題に。Michael Changエディションとして販売される。

48. Methamphibian and SBTG 
影響力のあった時代:1998-
職業:スニーカーカスマイザー。手作業で、様々なデザインをペインティングする。スニーカーを自分のための1点モノに仕上げてくれる。

 

49:Tetsuya Shono
影響力のあった時代:1997-
職業:ニューバランスクールのディレクター。世界でニューバランスのスニーカーを若者に拡げた人物。ニューバランスのクラシックなシルエットと、今のスタイルの共存に成功させる。

 

 

50:Adam Leaventon
影響力のあった時代:1987-
職業:スニーカーコレクター、DCシューズのマーチャンダイジング部門におけるグローバルディレクター。

以上です。個人的には、ニューバランスを毎回きめていたスティーブ・ジョブズと、ザッポス・ドットコムの創業者トニー・シェイ、所ジョージさんを入れて欲しかったところ。

【via】Complex

【関連】
高級ブランド世界ランキングベスト10 2012年
世界のフォローすべきファッションブランドのTumblrベスト11
ファッション業界の素晴らしいTumblr(タンブラー)ベスト10
2010年シーズン優れたファッションフィルム10
2010年世界で最も影響力があるファッションクリエイター50 
2010年フットウェア業界で最も影響力のある人物ベスト100
ファッションブランドのデジタルIQランキング2010
ラグジュアリーブランドランキング2010
ファッションデザイナースクールの世界ランキングベスト5
世界で最も影響力のあるストリートスタイルブロガー10人

No related posts.

Subscribe to RSS via Email:

Subscribe with Brand Fashion Communication and get updates frequently in your inbox

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

メゾンマルタンマルジェラのジャケットとシューズ

メゾンマルタンマルジェラのジャケットとシューズ

ニューバランス576BCL

ニューバランス576BCL

1205のハリスツイードジャケット

1205のハリスツイードジャケット

1205のスイスコットンシャツ

1205のスイスコットンシャツ

Shopping